2014年11月10日 星期一

[隨手新聞翻翻] 感染伊波拉病毒後復原的英國護理人員、再次前往重災區



媒體來源:
TBS NEWS

完整新聞標題/內文:


エボラ出血熱から回復の英国人看護師、再びシエラレオネへ 
感染伊波拉病毒後復原的英國護理人員、再次前往獅子山共和國

 西アフリカのシエラレオネで8月にエボラ出血熱に感染しイギリスで治療を受けていたイギリス人の看護師が、回復後、医療活動に参加するため再びシエラレオネに戻ったことがわかりました。
 8月在西非的獅子山共和國感染伊波拉病毒的英國護理人員、在接受治療復原後、再次回到獅子山共和國參與醫療活動。
 
 これはイギリスのガーディアン紙が報じたもので、イギリス人看護師のウィリアム・プーリー氏は20日までに、現地で支援を再開するためシエラレオネに戻ったということです。
 據英國當地衛報所報導、英國籍護理人員威廉・普利(William Pooley)、在20日前已經回到獅子山共和國支援當地的醫療活動。

 プーリー氏は、6月からボランティアとして参加したシエラレオネで活動中の8月に、エボラ出血熱に感染。
 普利從6月開始就以自願的身分參與醫療活動、並於8月感染伊波拉病毒。

 空軍によってイギリスに運ばれ、9月3日に退院していました。
 
透過空軍搬運至英國接受治療、並於9月3日出院。


 退院後は自分が現地で見てきた少女の死の様子などを政府などに訴え、国際的な協力を呼びかけていました。
 出院後的普利向政府疾呼自己於於當地所見少女喪命的場景、呼籲國際社會參與救助。
 
 「シエラレオネの状況が特に良くないんです。シエラレオネの人々は助けを必要としていて、助けを与えるためにボランティアのみなさんが今日ここにいることは素晴らしいことなんです」
 「獅子山共和國的狀況很差
我們必須要試著幫助這邊的所有人們今天能夠有這麼多的自願者能夠聚集在這邊真的是一件非常令人感動的一件事

   
プーリー氏は、免疫のある自分こそが活動する必要があり「現地に戻るのは正しい判断だ」と話しているということです。(21日00:09)

 普利表示已經有了免疫力的自己、更有必要參與當地的救助活動「回到當地是個正確的判斷」。(21日00:09)



新聞連結:
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2327928.html



威廉・普利(William Pooley)



威廉・普利(William Pooley)。於獅子山共和國



於獅子山共和國隔離設施的威廉・普利(William Pooley)



Share this post

1 意見 :

  1. 敬救助世人不遺餘力的第一線的勇敢醫師

    回覆刪除